2017年8月14日月曜日

場面緘黙だったボクが言えること

場面緘黙だったボクが言えること
報告者:大橋伸和(場面緘黙・ひきこもり経験者)
        コメンテーター:戸田竜也(北海道教育大学釧路校)
                        二通  諭(札幌学院大学)
■日時2017820日(日)13時受付13151545
■定員100
■会場札幌市教育文化会館研修室301
(中央区北1条西13丁目地下鉄東西線「西11丁目駅」1出口から徒歩7分)
■参加費800円(全障研会員および学生400円全障研学生会員無料)
*全障研年会費3000円。当日入会で上記割引が受けられます。
■申し込み方法氏名および連絡方法(電話番号、メールアドレスなど)、会員・非会員の別を明記のうえ、下記へ申し込んでください。
Eメール:nitsu@mvg.biglobe.ne.jp  FAX:0154-64-7061
携帯・ショートメールによる問い合わせ・申し込みは、090-2697-0496(二通)へ。
 
 
 
 
 
  大橋伸和氏(33歳)は、小学校4年生から13年間にわたり場面緘黙の状態を呈し、その間、不登校・ひきこもりを経験しました。24歳で少しだけ声が出せるようになり、25歳で札幌学院大学人文学部人間科学科に入学しました。その後、学内で発達障害や精神的な困難を抱える学生の自助グループ『雑談会』を創設し、保護者が主宰する『ランチ会』で講演したことをきっかけに、広く自身の体験を語る活動に取り組み、現在に至っています。氏の講演は各所で絶賛されていますが、本学習会ではそこからもう一歩踏み込んだ「考察」へと歩を進めたいと考えています。たとえば、生きづらさを解消するための3点セット「知る」「対応する」「心構えをつくる」¹を援用するなら、「心構え」=「主体形成」のレベルにおいて高い峰に到達しているのではないかと考えられます。本学習会では、二人のコメンテーターを配することで、希望・勇気に加えて、より具体的な「考察」へと踏み込みます。皆様お誘い合わせのうえご参加ください。