2014年10月19日日曜日

嬉しいニュース


 
 道新でも報道されましたが、北海道釧路鶴野支援学校前の道路の法定速度が、50キロから40キロに下げられました。
 この件は、同校の開校前から、旧釧路聾学校の学校評議会や道教委主催開校説明会等でお願いしてきました。
 乳幼児相談から幼稚部、そして高等部に至るまでの幼児児童生徒が、毎日通う道路です。
 自分もこの道を通ることがあるのですが、白糠からのバイパスに繋がる道路であり、交通量が多く、速度超過の車も多いのが現実です。

 法定速度が下げられたこの後は、運転者の心がけ次第。
 子どもを大切にする社会でありたいと願います。
 

 子どものために…と声を上げたことが、多くの人との共同の中で実現する。
 忙しくてしんどいことが多い昨今、とても嬉しいニュースでした。

すべての子どもにひとしく
 教育を保障する学校をつくろう。
学校に子どもを合わせるのではなく、
 子どもにあった学校をつくろう。
学校くりは箱づくりではない
 民主的な地域づくりである。

↑ 京都府立与謝の海養護学校「教育実践の基本理念」(1969年)




北海道釧路鶴野支援学校 http://www.tsurunoshien.hokkaido-c.ed.jp/

2014年10月1日水曜日

虐待防止協会釧根支部第1回学習会 10.7(火) 教育大

 
1.日 時  2014年10月7日(火) 19:00~21:00 
2.会 場  北海道教育大学釧路校 301講義室
        釧路市城山1-15-55 
3.演 題  スクールソーシャルワーカーの現状と子どもへの支援について
4.講 師  小 林 久 美 氏 (釧路市教育委員会スクールソーシャルワーカー)
5.参加費  300円
       参加の申し込みは必要ありません。直接会場にお越しください。